未分類

海兵隊支援:パワーウォーク

投稿日:

Pocket

兵士が歩くたびに、パワーウォークに搭載された独自のセンサーが
その足取り、速度、地面の様子を分析して、最小の運動で最大量の電力を
生み出すのにベストなタイミングを計算する。

 変速機が膝の回転速度を高速に変えて、より効果的な発電を実現し、
発電機が歩行の運動エネルギーを電力に変える。それから、
最先端の電力変換回路によって、リチウムイオン電池やニッケル水素電池など、
バッテリー用の電気へと変換する。

使用者は1時間の歩行の間に10~12ワットの電力を生み出すことができる。
これは、4つのスマホを充電できる電力量だ。

1回の充電で、兵士が90キロの荷物を20キロメートル運ぶことができるが、
パワーウォークは、こうしたフィールドミッションの間に兵士に電力の
供給ができるのだ。

-未分類

執筆者:

関連記事

ラスベガス銃乱射事件の惨事

数千人が訪れていた音楽フェスで目撃者によるSNSへの投稿によると、 乱射事件はラスベガスで3日間にわたって開かれていた 「ルート91ハーベスト・フェスティバル」で発生。 人気アーティストのエリック・チ …

東京マルイ フェスティバル

・新製品コーナー 東京マルイフェスティバルの会場で、次期新製品の数々を初公開! また、9月のホビーショーで発表したばかりの新製品もズラリと展示。 発売に向けて開発中の最新モデルを、ぜひ間近で見られます …

米のスーパーソルジャー計画

アメリカ国防総省の1機関、国防高等研究計画局(DARPA)はエリート兵士創出を 目的とするいくつものプロジェクトを公開した。 DARPAは、脳が感覚情報を処理する方法を解明するために、ニューラルネット …

米で3Dプリンタから真正銃を制作!

もちろんアメリカ銃社会で製作され、その性能がテストされました。 この銃を製作したのは米テキサス州に本社を置くソリッド・コンセプツ社。 金属を加工できる特殊な3Dプリンターを使用して作られた。弾倉など一 …

アメリカの軍事機関が開発中のARシステム

アメリカの軍事機関が開発中というAR(拡張現実) システム「Tactical Augmented Reality」が注目されています。 まるでFPSゲームのような光景を生み出しています。  この「Ta …