未分類

ロシア製スーパーアーマ2017

投稿日:

Pocket

どこかスターウォーズに登場したストームトルーパーを彷彿とさせるが、
これは未来の戦場に導入されるかもしれないロシア製最新コンバットスーツである。

今回公開されたコンバットスーツの高さは約180センチで、黒いパッド入り
グローブには恐ろしげな銃器が握られている。
モスクワの国立科学技術大学で披露されたスーツは、外骨格が兵士を
銃弾から守り、力や体力を補うよう設計されているハイテク装備だ。

袖の部分には迷彩パターンが施され、ロシアの国旗があしらわれた
保護プレートで守られている。足にはかれるブーツはどこかスキー用の
ものを思わせる重厚さ。

これをサポートする金属のフレームは足元から上方へ腰の部分まで伸び、
ぐるりと囲む。

開発したのは、モスクワに拠点を置く兵器開発センターである
精密機械建設中央研究所
(Central Research Institute for Precision Machine Building)だ。

開発はそれぞれ専門分野を有するロシアの各企業と提携して進められた
という。

ロシア軍部は、こうしたスーツに加え、ロボット開発にも熱心で、4月には
遠隔操作が可能な戦車が発表された。

-未分類

執筆者:

関連記事

ノンフロン・ガスパワー発売

東京マルイよりパワーソースとしてのガスに環境影響GWP1のエコガス発売です。 250g ¥1980円となります。 GWP(地球温暖化係数)とは? 各ガスにどれだけ温暖化する能力があるかを表す数値です。 …

米:その後の銃規制論議

銃乱射事件が発生すると銃規制への支持が急激に高まるが、その後、 その熱も冷め、議会で法案が通過することもない―米国の政治でよく見る風景です。 米ネバダ州ラスベガスで500人以上が死傷する銃乱射事件が起 …

ラスベガス乱射犯の銃とは 

米西部ネバダ州ラスベガス中心部で1日夜、ホテルの32階から屋外コンサート会場に 向けて銃が乱射された事件で、スティーブン・パドック容疑者(64)が、 銃弾を途切れることなく一定して撃つため、「トリガー …

米の乱射事件

全米ライフル協会もさすがに今回の事件で銃規制の声が出るのを 覚悟してか、一般販売銃の弱火力化での差別なり オート連射用 にする付帯部品の供給制限など何かしらの対応を出そうと しているようです。 今回の …

ネットオークションで真正銃を入手し逮捕

017年9月29日 逮捕されたのは、石川県加賀市に住む会社役員 川本規央容疑者(54)です。 川本容疑者は、おととし12月ごろから今年1月ごろにかけて、 殺傷能力のある拳銃1丁とエアガン2丁をインター …