未分類

ロシア製スーパーアーマ2017

投稿日:

Pocket

どこかスターウォーズに登場したストームトルーパーを彷彿とさせるが、
これは未来の戦場に導入されるかもしれないロシア製最新コンバットスーツである。

今回公開されたコンバットスーツの高さは約180センチで、黒いパッド入り
グローブには恐ろしげな銃器が握られている。
モスクワの国立科学技術大学で披露されたスーツは、外骨格が兵士を
銃弾から守り、力や体力を補うよう設計されているハイテク装備だ。

袖の部分には迷彩パターンが施され、ロシアの国旗があしらわれた
保護プレートで守られている。足にはかれるブーツはどこかスキー用の
ものを思わせる重厚さ。

これをサポートする金属のフレームは足元から上方へ腰の部分まで伸び、
ぐるりと囲む。

開発したのは、モスクワに拠点を置く兵器開発センターである
精密機械建設中央研究所
(Central Research Institute for Precision Machine Building)だ。

開発はそれぞれ専門分野を有するロシアの各企業と提携して進められた
という。

ロシア軍部は、こうしたスーツに加え、ロボット開発にも熱心で、4月には
遠隔操作が可能な戦車が発表された。

-未分類

執筆者:

関連記事

米のスーパーソルジャー計画

アメリカ国防総省の1機関、国防高等研究計画局(DARPA)はエリート兵士創出を 目的とするいくつものプロジェクトを公開した。 DARPAは、脳が感覚情報を処理する方法を解明するために、ニューラルネット …

1周年記念!

皆様のおかげをもちまして無事一周年を迎える 事ができまして 真にありがとうございます。 特製 Blazeのネーム入りペンを制作いたしまして ご来店プレイのお客様へ送らせて頂いております。 今後とも宜し …

海兵隊支援:パワーウォーク

兵士が歩くたびに、パワーウォークに搭載された独自のセンサーが その足取り、速度、地面の様子を分析して、最小の運動で最大量の電力を 生み出すのにベストなタイミングを計算する。  変速機が膝の回転速度を高 …

米軍でアーマー「タロス」完成間近!

弾丸を弾き、暗視能力にすぐれ、怪力で重いモノを軽々と持ち上げ、 負傷した場合には泡で傷口をふさぐ。 まるでアメコミに登場するヒーローのような、そんな戦闘用スーツが 米陸軍の研究者たちにより開発されてい …

米の乱射事件

全米ライフル協会もさすがに今回の事件で銃規制の声が出るのを 覚悟してか、一般販売銃の弱火力化での差別なり オート連射用 にする付帯部品の供給制限など何かしらの対応を出そうと しているようです。 今回の …