未分類

米:その後の銃規制論議

投稿日:

Pocket

銃乱射事件が発生すると銃規制への支持が急激に高まるが、その後、
その熱も冷め、議会で法案が通過することもない―米国の政治でよく見る風景です。

米ネバダ州ラスベガスで500人以上が死傷する銃乱射事件が起きたが、
近年の傾向になぞらえれば、より厳格な銃規制に対する人々の支持は一時的に
高まるが、その後数カ月でほとんど消えてなくなるのがアメリカ社会です。

内心敵にやられないように銃を持つというロジックはある意味では
北朝鮮のミサイル&核保有の大義と同じです。

銃を持つ権利は憲法で保障されているとしても
ひとりの人間が大量殺傷能力のある銃を何丁も持つことは規制できるはずです。

しかし民間人が銃持つてのはアメリカの自由の象徴だとの考えがあります。
一人一人が力を持つのがアメリカ型民主主義だろうし
革命だろうが外敵だろうが、自分でなんとかする発想がある。

この民族性の違いが根底にありるわけです。
護身用で銃が必要だとしても60人も殺せる威力要らないわけですから
基本何発なのかを定義して、強盗を殺せるより多い弾数は重罪にして
段階的に銃規制する方法などを思考したりします。

-未分類

執筆者:

関連記事

東京マルイ:樹脂製レンズ超軽量ドットサイト発売

・主な特徴 ポリカーボネイト製レンズ:新開発のルビーコート樹脂レンズを採用。 BB弾が当たっても割れにくい丈夫なレンズです。 超軽量16g:ガスブローバックのハンドガンに装着しても作動に影響が 出にく …

日本の小火器輸出

スイスの調査機関「スモール・アームズ・サーベイ」は13日、世界の 小火器の取引に関する最新の報告書を発表、2014年の取引額は少なくとも 60億ドル(約6600億円)に上り、13年より約2億ドル増加し …

米で3Dプリンタから真正銃を制作!

もちろんアメリカ銃社会で製作され、その性能がテストされました。 この銃を製作したのは米テキサス州に本社を置くソリッド・コンセプツ社。 金属を加工できる特殊な3Dプリンターを使用して作られた。弾倉など一 …

軍用透明人間スーツ”を米軍が開発中

米軍が透明人間スーツの運用にむけて本気で動いているという。 ”ステルス繊維”を開発するいくつかの企業と連携しており、18ヶ月後には プロトタイプが試験される見込みだ。 米軍が所望しているのは、周囲の環 …

ネットオークションで真正銃を入手し逮捕

017年9月29日 逮捕されたのは、石川県加賀市に住む会社役員 川本規央容疑者(54)です。 川本容疑者は、おととし12月ごろから今年1月ごろにかけて、 殺傷能力のある拳銃1丁とエアガン2丁をインター …