未分類

ゲーム達人の驚異的動体視力

投稿日:

Pocket

ゲーマーは視覚情報を速く感知できる、あるいは利用できるわずかな視覚情報から的確に
推測が行えるという研究結果が発表された。

尚この研究は、国土安全保障省と米陸軍研究事務所に加えて、米国防省の研究部門である
国防高等研究計画局(DARPA)が資金を出している。
どうやら米軍はゲーマーの視覚情報処理能力にすごく関心があるようだ。

ノースカロライナ州、デューク大学医学部のグレッグ・アップルバウム助教授率いる
チームは、熱心なゲーマー(ハードコアゲーマー)とゲームをしない人(ノンゲーマー)の
計125人を対象に、点滅表示される文字をどれだけうまく認識できるかというテストを行った。

そしてすべての時間間隔において、ゲーマーがノンゲーマーよりも優れていた。

これまでの研究でも、ゲーマーは視覚能力が強化されていることがわかっている。
ニューヨーク州にあるロチェスター大学の研究者らは2003年、シューティングゲームや、
格闘ゲームなどのアクションゲームをプレイする人はプレイしない人と比べて、

追跡できる対象が30%多いことを発見した。また、2012年に行われたロボット手術の
シミュレーション実験では、若いゲーマーが訓練を受けた医師と同等のスコアを
獲得したという事実もある。

DARPAがこの研究に積極的に関わっているということは、
兵士にアクションゲーム的要素を取り入れた訓練を行うことはもちろん、
すでに視覚情報処理能力が開花しているゲーマーを積極的に採用していくのかも
しれないですね。

-未分類

執筆者:

関連記事

軍用透明人間スーツ”を米軍が開発中

米軍が透明人間スーツの運用にむけて本気で動いているという。 ”ステルス繊維”を開発するいくつかの企業と連携しており、18ヶ月後には プロトタイプが試験される見込みだ。 米軍が所望しているのは、周囲の環 …

東京マルイ フェスティバル

・新製品コーナー 東京マルイフェスティバルの会場で、次期新製品の数々を初公開! また、9月のホビーショーで発表したばかりの新製品もズラリと展示。 発売に向けて開発中の最新モデルを、ぜひ間近で見られます …

日本の小火器輸出

スイスの調査機関「スモール・アームズ・サーベイ」は13日、世界の 小火器の取引に関する最新の報告書を発表、2014年の取引額は少なくとも 60億ドル(約6600億円)に上り、13年より約2億ドル増加し …

ルイス軽機関銃

ロシア軍を始め世界各国で採用され第一次世界大戦で活躍したイギリス製の 名機”ルイス軽機関銃”です。 “ルイス軽機関銃(ルイスけいきかんじゅう、英語: Lewis Gun)とは、 主に第一次世界大戦期に …

東京マルイ:樹脂製レンズ超軽量ドットサイト発売

・主な特徴 ポリカーボネイト製レンズ:新開発のルビーコート樹脂レンズを採用。 BB弾が当たっても割れにくい丈夫なレンズです。 超軽量16g:ガスブローバックのハンドガンに装着しても作動に影響が 出にく …