未分類

軍用透明人間スーツ”を米軍が開発中

投稿日:

Pocket

米軍が透明人間スーツの運用にむけて本気で動いているという。
”ステルス繊維”を開発するいくつかの企業と連携しており、18ヶ月後には
プロトタイプが試験される見込みだ。

米軍が所望しているのは、周囲の環境に合わせて、色やパターンを
逐次調整するという、カメレオンのような機能をもったカモフラージュであり、
完全に兵士を隠してしまう機能だ。

しかし、その詳細や写真については一切公表されていない。
開発各社は、「米軍は要件を設けており、それを満たすことなく弊社が連携を
許可されることはありません」と声明を述べている。

米軍の幹部は紫外線、可視光、赤外線スペクトルに渡るすべての光を
曲げることは不可能だと見なしていたようだが、同社の実演により考えを
改めたそうだ。

現在、彼らには軽量性な受動的(非動力)適応カモフラージュという要件が
提示されたとのことだ。

-未分類

執筆者:

関連記事

ルイス軽機関銃

ロシア軍を始め世界各国で採用され第一次世界大戦で活躍したイギリス製の 名機”ルイス軽機関銃”です。 “ルイス軽機関銃(ルイスけいきかんじゅう、英語: Lewis Gun)とは、 主に第一次世界大戦期に …

米のコーナーショットランチャー 

初めて登場して以来長い間改良がなされ続けてきた開発途中の武器の一つがこの コーナーショット・ランチャーです。 その主たる目的は銃の先端を90度曲げる事で従来不可能であった建物の 角からの攻撃を可能にし …

米:その後の銃規制論議

銃乱射事件が発生すると銃規制への支持が急激に高まるが、その後、 その熱も冷め、議会で法案が通過することもない―米国の政治でよく見る風景です。 米ネバダ州ラスベガスで500人以上が死傷する銃乱射事件が起 …

アメリカの軍事機関が開発中のARシステム

アメリカの軍事機関が開発中というAR(拡張現実) システム「Tactical Augmented Reality」が注目されています。 まるでFPSゲームのような光景を生み出しています。  この「Ta …

ラスベガス乱射犯の銃とは 

米西部ネバダ州ラスベガス中心部で1日夜、ホテルの32階から屋外コンサート会場に 向けて銃が乱射された事件で、スティーブン・パドック容疑者(64)が、 銃弾を途切れることなく一定して撃つため、「トリガー …