未分類

アメリカの軍事機関が開発中のARシステム

投稿日:

Pocket

アメリカの軍事機関が開発中というAR(拡張現実)
システム「Tactical Augmented Reality」が注目されています。
まるでFPSゲームのような光景を生み出しています。

 この「Tactical Augmented Reality(TAR)」を発表したのは、アメリカの
The Communications-Electronics Research, Development and Engineering Centre(CERDEC)。
AR技術を利用することで、兵士たちが各種情報を簡単にチェックできるものとなっているようです

海外サイトにGeek.comよれば現在のプロトタイプは、タブレットや武器のサーマルサイトと
無線で連携したヘルメットの1インチ×1インチのアイピースを利用。

現実の光景に重ねて、行動指示や自分・味方の位置が表示される戦場のマップ、
界に入った味方やターゲットの情報などを表示。また昼夜どちらでも利用可能といいます。

-未分類

執筆者:

関連記事

軍用透明人間スーツ”を米軍が開発中

米軍が透明人間スーツの運用にむけて本気で動いているという。 ”ステルス繊維”を開発するいくつかの企業と連携しており、18ヶ月後には プロトタイプが試験される見込みだ。 米軍が所望しているのは、周囲の環 …

ロシア製スーパーアーマ2017

どこかスターウォーズに登場したストームトルーパーを彷彿とさせるが、 これは未来の戦場に導入されるかもしれないロシア製最新コンバットスーツである。 今回公開されたコンバットスーツの高さは約180センチで …

米:その後の銃規制論議

銃乱射事件が発生すると銃規制への支持が急激に高まるが、その後、 その熱も冷め、議会で法案が通過することもない―米国の政治でよく見る風景です。 米ネバダ州ラスベガスで500人以上が死傷する銃乱射事件が起 …

レーザー光線を使った「目くらまし銃」LA-9/P

250ミリワット光線を発射できる緑色のレーザーポインタで、最大4キロメートル 離れたところからでも照射することができる非殺傷兵器。 これを顔面に照射された敵は、ただちに後退すべきときだというメッセージ …

ルイス軽機関銃

ロシア軍を始め世界各国で採用され第一次世界大戦で活躍したイギリス製の 名機”ルイス軽機関銃”です。 “ルイス軽機関銃(ルイスけいきかんじゅう、英語: Lewis Gun)とは、 主に第一次世界大戦期に …