未分類

アメリカの軍事機関が開発中のARシステム

投稿日:

Pocket

アメリカの軍事機関が開発中というAR(拡張現実)
システム「Tactical Augmented Reality」が注目されています。
まるでFPSゲームのような光景を生み出しています。

 この「Tactical Augmented Reality(TAR)」を発表したのは、アメリカの
The Communications-Electronics Research, Development and Engineering Centre(CERDEC)。
AR技術を利用することで、兵士たちが各種情報を簡単にチェックできるものとなっているようです

海外サイトにGeek.comよれば現在のプロトタイプは、タブレットや武器のサーマルサイトと
無線で連携したヘルメットの1インチ×1インチのアイピースを利用。

現実の光景に重ねて、行動指示や自分・味方の位置が表示される戦場のマップ、
界に入った味方やターゲットの情報などを表示。また昼夜どちらでも利用可能といいます。

-未分類

執筆者:

関連記事

東京マルイ:樹脂製レンズ超軽量ドットサイト発売

・主な特徴 ポリカーボネイト製レンズ:新開発のルビーコート樹脂レンズを採用。 BB弾が当たっても割れにくい丈夫なレンズです。 超軽量16g:ガスブローバックのハンドガンに装着しても作動に影響が 出にく …

米の乱射事件

全米ライフル協会もさすがに今回の事件で銃規制の声が出るのを 覚悟してか、一般販売銃の弱火力化での差別なり オート連射用 にする付帯部品の供給制限など何かしらの対応を出そうと しているようです。 今回の …

米軍でアーマー「タロス」完成間近!

弾丸を弾き、暗視能力にすぐれ、怪力で重いモノを軽々と持ち上げ、 負傷した場合には泡で傷口をふさぐ。 まるでアメコミに登場するヒーローのような、そんな戦闘用スーツが 米陸軍の研究者たちにより開発されてい …

ルイス軽機関銃

ロシア軍を始め世界各国で採用され第一次世界大戦で活躍したイギリス製の 名機”ルイス軽機関銃”です。 “ルイス軽機関銃(ルイスけいきかんじゅう、英語: Lewis Gun)とは、 主に第一次世界大戦期に …

日本の小火器輸出

スイスの調査機関「スモール・アームズ・サーベイ」は13日、世界の 小火器の取引に関する最新の報告書を発表、2014年の取引額は少なくとも 60億ドル(約6600億円)に上り、13年より約2億ドル増加し …