未分類

日本の小火器輸出

投稿日:

Pocket

スイスの調査機関「スモール・アームズ・サーベイ」は13日、世界の
小火器の取引に関する最新の報告書を発表、2014年の取引額は少なくとも
60億ドル(約6600億円)に上り、13年より約2億ドル増加した。

日本は輸出額約1億200万ドル(約112億円)で国別順位の15位だった。
また、北朝鮮が国連などの武器禁輸下、アフリカや中東諸国にロケット砲
などの小火器の
密輸を続けているとみられると指摘した。小火器は拳銃や機関銃など一人で操作できるものを
指し、携帯用のロケット砲なども含まれる。  

輸出国のトップは米国で輸出額は約11億ドル。イタリア、ブラジル、ドイツ、韓国と続いた。
日本は14年4月に安倍政権が「防衛装備移転三原則」を閣議決定、「武器輸出三原則」
に基づいたそれまでの禁輸路線から輸出拡大へかじを切っている。

北朝鮮の武器取引は第三国を仲介するなどしており実態は不明だが、スモール・アームズ・
サーベイの担当者は「輸出先には従来のウガンダ、リビアなどに加え、
シリアも入っているようだ」とした。

市場価格より安く提供しているのが特徴で、サハラ砂漠以南のアフリカ諸国では
小火器の製造を支援しているとみられるとした。
日本は拳銃やライフル銃などを輸出しており、最大の輸出先は米国で60%を占め、
次いでベルギー、カナダだった。

-未分類

執筆者:

関連記事

米で3Dプリンタから真正銃を制作!

もちろんアメリカ銃社会で製作され、その性能がテストされました。 この銃を製作したのは米テキサス州に本社を置くソリッド・コンセプツ社。 金属を加工できる特殊な3Dプリンターを使用して作られた。弾倉など一 …

米:その後の銃規制論議

銃乱射事件が発生すると銃規制への支持が急激に高まるが、その後、 その熱も冷め、議会で法案が通過することもない―米国の政治でよく見る風景です。 米ネバダ州ラスベガスで500人以上が死傷する銃乱射事件が起 …

レーザー光線を使った「目くらまし銃」LA-9/P

250ミリワット光線を発射できる緑色のレーザーポインタで、最大4キロメートル 離れたところからでも照射することができる非殺傷兵器。 これを顔面に照射された敵は、ただちに後退すべきときだというメッセージ …

ロシア製スーパーアーマ2017

どこかスターウォーズに登場したストームトルーパーを彷彿とさせるが、 これは未来の戦場に導入されるかもしれないロシア製最新コンバットスーツである。 今回公開されたコンバットスーツの高さは約180センチで …

ラスベガス乱射犯の銃とは 

米西部ネバダ州ラスベガス中心部で1日夜、ホテルの32階から屋外コンサート会場に 向けて銃が乱射された事件で、スティーブン・パドック容疑者(64)が、 銃弾を途切れることなく一定して撃つため、「トリガー …