未分類

XM -25擲弾筒(空中炸裂兵器)

投稿日:

Pocket

5mm弾をラウンド別にワイヤレスでプログラムできる発射制御装置搭載。
壁の影、丘の影にいる人、塹壕の下にいる人まで吹き飛ぶようプログラム
できるんだそうです。

塹壕の影にスナイパーが隠れていた場合にも狙ったターゲットは木っ端微塵に
できる空中破壊力を備えているという。

数年前にアフガニスタンでテストされていた当時の XM25 とは違い、
大きな改良が施されているとのこと。

今回の改善策の中で最大の特徴に挙げられているのが、
「より一層の合理化が図られた火器管制システム」にあると云う。

ターゲットまでの距離を計算し、そのデータが 25 ミリメートル弾薬の中に
組み込まれた電子信管に送られるとしている。また、一新されたデザインでは、
旧型が 2 倍率だったのに対し、3 倍率へ向上していることも特徴に挙げられていた。

現在、XM25 の開発には軍事企業メジャー 3 社が絡んでいる。
25 ミリ弾薬とその統合部分については米国の航空宇宙防衛企業の
Orbital ATK 社が、また火器管制システム部分は L-3 社、そしてライフル本体部分は
H&K 社と、それぞれが特徴を活かして開発を手掛けている。

-未分類

執筆者:

関連記事

東京マルイ:樹脂製レンズ超軽量ドットサイト発売

・主な特徴 ポリカーボネイト製レンズ:新開発のルビーコート樹脂レンズを採用。 BB弾が当たっても割れにくい丈夫なレンズです。 超軽量16g:ガスブローバックのハンドガンに装着しても作動に影響が 出にく …

レーザー光線を使った「目くらまし銃」LA-9/P

250ミリワット光線を発射できる緑色のレーザーポインタで、最大4キロメートル 離れたところからでも照射することができる非殺傷兵器。 これを顔面に照射された敵は、ただちに後退すべきときだというメッセージ …

米のスーパーソルジャー計画

アメリカ国防総省の1機関、国防高等研究計画局(DARPA)はエリート兵士創出を 目的とするいくつものプロジェクトを公開した。 DARPAは、脳が感覚情報を処理する方法を解明するために、ニューラルネット …

米の乱射事件

全米ライフル協会もさすがに今回の事件で銃規制の声が出るのを 覚悟してか、一般販売銃の弱火力化での差別なり オート連射用 にする付帯部品の供給制限など何かしらの対応を出そうと しているようです。 今回の …

日本の小火器輸出

スイスの調査機関「スモール・アームズ・サーベイ」は13日、世界の 小火器の取引に関する最新の報告書を発表、2014年の取引額は少なくとも 60億ドル(約6600億円)に上り、13年より約2億ドル増加し …