未分類

米で3Dプリンタから真正銃を制作!

投稿日:

Pocket

もちろんアメリカ銃社会で製作され、その性能がテストされました。
この銃を製作したのは米テキサス州に本社を置くソリッド・コンセプツ社。

金属を加工できる特殊な3Dプリンターを使用して作られた。弾倉など一部を除いて
全部品を合金やステンレスで複製し組み立てある。
尚、この銃のモデルとなったのは、設計図が公開されている軍用拳銃だそうだ。

これまで50発以上の発射実験に成功。約27メートル先の標的の中心部を狙える
ほど精度も高いという。3Dプリンターで作られた樹脂製の銃はこれまでにも製作
されていたが、金属を素材にした市販品の複製は世界初だという。

こういった高性能な拳銃が手軽に製造できるということは、銃所持賛成派と
反対派がひしめき合うアメリカで更なる議論を呼びそうです。

-未分類

執筆者:

関連記事

東京マルイ フェスティバル

・新製品コーナー 東京マルイフェスティバルの会場で、次期新製品の数々を初公開! また、9月のホビーショーで発表したばかりの新製品もズラリと展示。 発売に向けて開発中の最新モデルを、ぜひ間近で見られます …

レーザー光線を使った「目くらまし銃」LA-9/P

250ミリワット光線を発射できる緑色のレーザーポインタで、最大4キロメートル 離れたところからでも照射することができる非殺傷兵器。 これを顔面に照射された敵は、ただちに後退すべきときだというメッセージ …

米:その後の銃規制論議

銃乱射事件が発生すると銃規制への支持が急激に高まるが、その後、 その熱も冷め、議会で法案が通過することもない―米国の政治でよく見る風景です。 米ネバダ州ラスベガスで500人以上が死傷する銃乱射事件が起 …

ラスベガス乱射犯の銃とは 

米西部ネバダ州ラスベガス中心部で1日夜、ホテルの32階から屋外コンサート会場に 向けて銃が乱射された事件で、スティーブン・パドック容疑者(64)が、 銃弾を途切れることなく一定して撃つため、「トリガー …

ルイス軽機関銃

ロシア軍を始め世界各国で採用され第一次世界大戦で活躍したイギリス製の 名機”ルイス軽機関銃”です。 “ルイス軽機関銃(ルイスけいきかんじゅう、英語: Lewis Gun)とは、 主に第一次世界大戦期に …