未分類

米のコーナーショットランチャー 

投稿日:

Pocket

初めて登場して以来長い間改良がなされ続けてきた開発途中の武器の一つがこの
コーナーショット・ランチャーです。

その主たる目的は銃の先端を90度曲げる事で従来不可能であった建物の
角からの攻撃を可能にし、より安全にするというものです。

しかしこの武器はその開発費用等の面から兵士一人当たりの費用が上がるため、
国民からは批判の声も上がっているようです。

-未分類

執筆者:

関連記事

グレネード・ランチャー!

ヘッケラー&コッホにより開発されたこの銃は上空で起爆する タイプのグレネードランチャーだ。現在最高の光波測距儀を 搭載したこのグレネードランチャーはアフガニスタンでの 実戦テストで素晴らしい功績を残し …

軍用透明人間スーツ”を米軍が開発中

米軍が透明人間スーツの運用にむけて本気で動いているという。 ”ステルス繊維”を開発するいくつかの企業と連携しており、18ヶ月後には プロトタイプが試験される見込みだ。 米軍が所望しているのは、周囲の環 …

ラスベガス乱射犯の銃とは 

米西部ネバダ州ラスベガス中心部で1日夜、ホテルの32階から屋外コンサート会場に 向けて銃が乱射された事件で、スティーブン・パドック容疑者(64)が、 銃弾を途切れることなく一定して撃つため、「トリガー …

米:その後の銃規制論議

銃乱射事件が発生すると銃規制への支持が急激に高まるが、その後、 その熱も冷め、議会で法案が通過することもない―米国の政治でよく見る風景です。 米ネバダ州ラスベガスで500人以上が死傷する銃乱射事件が起 …

レーザー光線を使った「目くらまし銃」LA-9/P

250ミリワット光線を発射できる緑色のレーザーポインタで、最大4キロメートル 離れたところからでも照射することができる非殺傷兵器。 これを顔面に照射された敵は、ただちに後退すべきときだというメッセージ …