未分類

米のコーナーショットランチャー 

投稿日:

Pocket

初めて登場して以来長い間改良がなされ続けてきた開発途中の武器の一つがこの
コーナーショット・ランチャーです。

その主たる目的は銃の先端を90度曲げる事で従来不可能であった建物の
角からの攻撃を可能にし、より安全にするというものです。

しかしこの武器はその開発費用等の面から兵士一人当たりの費用が上がるため、
国民からは批判の声も上がっているようです。

-未分類

執筆者:

関連記事

軍用透明人間スーツ”を米軍が開発中

米軍が透明人間スーツの運用にむけて本気で動いているという。 ”ステルス繊維”を開発するいくつかの企業と連携しており、18ヶ月後には プロトタイプが試験される見込みだ。 米軍が所望しているのは、周囲の環 …

海兵隊支援:パワーウォーク

兵士が歩くたびに、パワーウォークに搭載された独自のセンサーが その足取り、速度、地面の様子を分析して、最小の運動で最大量の電力を 生み出すのにベストなタイミングを計算する。  変速機が膝の回転速度を高 …

東京マルイ:樹脂製レンズ超軽量ドットサイト発売

・主な特徴 ポリカーボネイト製レンズ:新開発のルビーコート樹脂レンズを採用。 BB弾が当たっても割れにくい丈夫なレンズです。 超軽量16g:ガスブローバックのハンドガンに装着しても作動に影響が 出にく …

米のスーパーソルジャー計画

アメリカ国防総省の1機関、国防高等研究計画局(DARPA)はエリート兵士創出を 目的とするいくつものプロジェクトを公開した。 DARPAは、脳が感覚情報を処理する方法を解明するために、ニューラルネット …

ルイス軽機関銃

ロシア軍を始め世界各国で採用され第一次世界大戦で活躍したイギリス製の 名機”ルイス軽機関銃”です。 “ルイス軽機関銃(ルイスけいきかんじゅう、英語: Lewis Gun)とは、 主に第一次世界大戦期に …