未分類

米のコーナーショットランチャー 

投稿日:

Pocket

初めて登場して以来長い間改良がなされ続けてきた開発途中の武器の一つがこの
コーナーショット・ランチャーです。

その主たる目的は銃の先端を90度曲げる事で従来不可能であった建物の
角からの攻撃を可能にし、より安全にするというものです。

しかしこの武器はその開発費用等の面から兵士一人当たりの費用が上がるため、
国民からは批判の声も上がっているようです。

-未分類

執筆者:

関連記事

米で3Dプリンタから真正銃を制作!

もちろんアメリカ銃社会で製作され、その性能がテストされました。 この銃を製作したのは米テキサス州に本社を置くソリッド・コンセプツ社。 金属を加工できる特殊な3Dプリンターを使用して作られた。弾倉など一 …

米の乱射事件

全米ライフル協会もさすがに今回の事件で銃規制の声が出るのを 覚悟してか、一般販売銃の弱火力化での差別なり オート連射用 にする付帯部品の供給制限など何かしらの対応を出そうと しているようです。 今回の …

レーザー光線を使った「目くらまし銃」LA-9/P

250ミリワット光線を発射できる緑色のレーザーポインタで、最大4キロメートル 離れたところからでも照射することができる非殺傷兵器。 これを顔面に照射された敵は、ただちに後退すべきときだというメッセージ …

XM -25擲弾筒(空中炸裂兵器)

5mm弾をラウンド別にワイヤレスでプログラムできる発射制御装置搭載。 壁の影、丘の影にいる人、塹壕の下にいる人まで吹き飛ぶようプログラム できるんだそうです。 塹壕の影にスナイパーが隠れていた場合にも …

ルイス軽機関銃

ロシア軍を始め世界各国で採用され第一次世界大戦で活躍したイギリス製の 名機”ルイス軽機関銃”です。 “ルイス軽機関銃(ルイスけいきかんじゅう、英語: Lewis Gun)とは、 主に第一次世界大戦期に …