How to

パキスタンの闇武器密造工場!

投稿日:

Pocket

家庭の家電の街の修理屋さんの状態で中東パキスタンでは一般家庭で
自動小銃が作られています。

しかしアラブはその様な模造小銃は
自分達では使わず、殆どが海外に流出しています。

しかしここパキスタンでは銃密造の熟練した職人が数多く存在し、
彼らは自家製の工作機で模造銃を制作しています。品質も良い評判です。

驚くのはその弾薬についても自前で生産し販売しています。
薬莢は専用の機械があれば再利用が可能ですので、その類の機器も
利用しているようです。

内梱火薬についても燃焼速度によるライフル用や拳銃では種別も異なり
それなりにノウハウがありますが、このあたりも習練度があるようで
問題なく生産しているようです。

銃本体は銃身も含め非常に精度と耐力の高い部分があるわけですが、
精密な海外の工作機械を使いその他職人ワザで作り上げてしまいます。

なんとも戦争や紛争の多い地域における驚きの事情ですが、住民に
してみれば生活の糧を得るべくやむを得ない事情も存在するようです。

-How to

執筆者:

関連記事

狩りガール急増!

奈良県内で狩猟免許を取得している女性が2016年度末時点で62人と、 過去最多に上っていることが、県への取材で分かりました。 山に囲まれた紀伊半島内陸では古くから狩猟が盛んだそうです。 環境省も狩猟フ …

サルとエアガン2017

農家の畑を中心に害獣被害で収穫時期にサルにやられてしまう らしい地域が多いそうです。 パチンコやら花火を使って追い払っていたらしいんですが、 敵もサル者ですから 慣れてしまって頭を痛めていたわけです。 …

米製 最小最強 真正銃!

アメリカ人が7年かけて開発、特許を取得したある意味 「最強の銃」だそうです。 クレジットカードサイズの折り畳み式22口径銃の画像。 お値段は339ドル(約3万7千円) しかし銃って見た目の威嚇が重要で …

実銃のトリガーセーフ 

実銃において意図しない暴発は重大な事故を招きますので安全装置は 様々用意されていますが、下記は最も核心となる引き金におけるものです。 写真のグロック17は引き金から飛び出す小さいレバーを押し込むことで …

実銃マシンガン700連発!

アメリカで有名な「拳銃バカ」ことテッド・クルーズ氏が毎度銃の チャレンジをやっているわけですが、今回は 「マシンガンを700発撃ち続けたら銃口(サプレッサー)はどうなるのか?」です。 今回使ったのは …