How to

米製 最小最強 真正銃!

投稿日:

Pocket

アメリカ人が7年かけて開発、特許を取得したある意味
「最強の銃」だそうです。

クレジットカードサイズの折り畳み式22口径銃の画像。
お値段は339ドル(約3万7千円)

しかし銃って見た目の威嚇が重要ですが、これだと相手は
何だかわからなくて突進してきますよね。

殺傷武器であると相手へ認知させるために
空へ向けての空撃ちが最初に必ず必要なりそうです。

しかし7年の歳月をかけて「ある意味最強」とする銃を
ニーズがあるからでしょうが探求し製造してしまうという
アメリカの銃社会の闇の深さを感じた記事でした。

-How to

執筆者:

関連記事

命中率を上げてみたい!

弾の重量と弾速が上がると確かに命中率は上がると思いますが 改造につながりますのでこれはいけません。 許容された範囲で追求するのが美学ですね。 短銃が多いのですが、構えるとプルプル震えが来ます。 強く握 …

実銃の弾丸構造

発砲され飛翔していく弾丸には様々な工夫がされています。 武器を使う根底には相手に大きくダメージを与えようという 意図があります。 鉛の弾丸そのものに薄い金属をかぶせる事を「被甲」といいます。 素材は銅 …

実銃上下二連ショットガン!

20世紀初頭に 英国ボス社などが開発したのが始まりです。 銃身が逆V字型に折れる中折れ式と言われています。 銃身を戻し発砲すると最初に下の銃身から散弾が発射されます。 続いて発砲すると上から発射されま …

実銃リボルバ2017

現在はスターム・ルガー社のリボルバ式銃がよく出回るようです。 価格は安いが作りが堅牢であることが理由のようです。 特に357マグナム弾 シングルアクションの「ブラックホーク」 ダブルアクションリボルバ …

アメリカン・スナイパーを見た!

2014年公開の映画です。 アメリカ軍で最強狙撃手と呼ばれた、クリス・カイルの自叙伝を 実写化した映画です。 アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズ所属のスナイパーであった彼が、 イラク戦争で数々の戦果 …