How to

実銃の弾丸構造

投稿日:

Pocket

発砲され飛翔していく弾丸には様々な工夫がされています。
武器を使う根底には相手に大きくダメージを与えようという
意図があります。

鉛の弾丸そのものに薄い金属をかぶせる事を「被甲」といいます。
素材は銅+亜鉛などが主体です。

鉛だけですと銃身内でライフリングの食い込みが悪くすべるためであり
従来不具合のあった連射もこれで可能となりました。

またこの被甲は物体に当たるとバナナの皮をむいたような めくれあがり
をみせます。
弾頭部分の被甲をむき出しとした場合は変形度合が大きくなりダメージを
大きくさせる作用があり「ホローポイント弾」と呼ばれます。

つまり高性能の弾丸とは 殺傷・貫通・安全面などの要素を総合的に併せ持つ
事を意味しています。

殺傷力とは着弾時に大きく変形したり破片化し分解したりを指しています。
貫通力とは文字とおり穿通していく力であり、安全とは無関係な者を巻き込む
危険性の回避となります。

写真のようなホロコースト弾で先端が割れやすくなっており、いかに変形させるか
の工夫が見られます。

弾はライフリングで回転しながら着弾し先端が割れて拡張されその効果を最大限
発揮できるようにしてありますが、あまりに凶悪なブラックタロン弾と呼ばれる
モノは悪評も立ってしまい、下火となっているようです。

突き詰めたモノづくりへの情熱と残虐性が表裏一体となるシロモノです。

-How to

執筆者:

関連記事

実銃のトリガーセーフ 

実銃において意図しない暴発は重大な事故を招きますので安全装置は 様々用意されていますが、下記は最も核心となる引き金におけるものです。 写真のグロック17は引き金から飛び出す小さいレバーを押し込むことで …

アメリカ開拓時代の早撃ち

広大な土地に多種の移民で構成されたアメリカは素性の知れぬ周囲から 自分と家族や利益を守るため銃の携行が古くから根付いた社会です。 その開拓時代において早撃ちなど銃の練度はどの程度必要とされたのか 子供 …

日本警察 特殊部隊SAT!

世界3位の大国が備える日本のSAT部隊です。 SATは犯人を「排除」することを目的としており、警告なしの射殺も 可能としているという話もあります。 米国のSWATの方が装備等の面で優秀という面もありま …

世界初の最小実銃! 全長55mmの驚異!

驚きました。 回転式の実弾銃があるそうです! わずか55mm! ニーズがあるから作ったんでしょうか。 これ問題起こしそうな予感もしますね スペック メーカー:スイス SwissMiniGun製 価格: …

実銃マシンガン700連発!

アメリカで有名な「拳銃バカ」ことテッド・クルーズ氏が毎度銃の チャレンジをやっているわけですが、今回は 「マシンガンを700発撃ち続けたら銃口(サプレッサー)はどうなるのか?」です。 今回使ったのは …