How to

実銃の弾丸構造

投稿日:

Pocket

発砲され飛翔していく弾丸には様々な工夫がされています。
武器を使う根底には相手に大きくダメージを与えようという
意図があります。

鉛の弾丸そのものに薄い金属をかぶせる事を「被甲」といいます。
素材は銅+亜鉛などが主体です。

鉛だけですと銃身内でライフリングの食い込みが悪くすべるためであり
従来不具合のあった連射もこれで可能となりました。

またこの被甲は物体に当たるとバナナの皮をむいたような めくれあがり
をみせます。
弾頭部分の被甲をむき出しとした場合は変形度合が大きくなりダメージを
大きくさせる作用があり「ホローポイント弾」と呼ばれます。

つまり高性能の弾丸とは 殺傷・貫通・安全面などの要素を総合的に併せ持つ
事を意味しています。

殺傷力とは着弾時に大きく変形したり破片化し分解したりを指しています。
貫通力とは文字とおり穿通していく力であり、安全とは無関係な者を巻き込む
危険性の回避となります。

写真のようなホロコースト弾で先端が割れやすくなっており、いかに変形させるか
の工夫が見られます。

弾はライフリングで回転しながら着弾し先端が割れて拡張されその効果を最大限
発揮できるようにしてありますが、あまりに凶悪なブラックタロン弾と呼ばれる
モノは悪評も立ってしまい、下火となっているようです。

突き詰めたモノづくりへの情熱と残虐性が表裏一体となるシロモノです。

-How to

執筆者:

関連記事

拳銃所持容疑逮捕事件! 

2017年6月27日 自作の改造拳銃など12丁を所持していたとして、警視庁は、 千葉県袖ケ浦市長浦駅前6丁目、無職 山川晴男容疑者(66)を 銃刀法違反(複数拳銃所持など)の疑いで逮捕し27日発表しま …

銃床ナイフ付80式自動拳銃!

中国が独自開発した80式自動拳銃で単発・連発が可能な全自動武器です。 なんと銃床にはナイフが隠すことが可能です。 写真のスタイルですが、カッコいいもんじゃないですよね。 ナイフって必要なら別差しでだめ …

実銃のトリガーセーフ 

実銃において意図しない暴発は重大な事故を招きますので安全装置は 様々用意されていますが、下記は最も核心となる引き金におけるものです。 写真のグロック17は引き金から飛び出す小さいレバーを押し込むことで …

実銃上下二連ショットガン!

20世紀初頭に 英国ボス社などが開発したのが始まりです。 銃身が逆V字型に折れる中折れ式と言われています。 銃身を戻し発砲すると最初に下の銃身から散弾が発射されます。 続いて発砲すると上から発射されま …

サルとエアガン2017

農家の畑を中心に害獣被害で収穫時期にサルにやられてしまう らしい地域が多いそうです。 パチンコやら花火を使って追い払っていたらしいんですが、 敵もサル者ですから 慣れてしまって頭を痛めていたわけです。 …