How to

実弾を調べた!

投稿日:

Pocket

実銃を良く知るとエアガン同一モデルが発売の時の再現性などが見えて興味深く
なりますし、必須なのが伴う実銃の弾についての知識がありますね。

単に「弾」という場合は2種類あります。
マトに弾が当たる=これは弾丸が当たることを意味します。
銃に弾を込める=これは弾薬を装填した事を意味するわけです。

この弾薬とは 先端に弾丸+発射薬+雷管(点火用)の一体化したものを
指します。

小口径の銃が大口径の銃に劣るのかと言えばそのようには言えません。
いずれも弾薬に含有する発射薬の量と質の違いから来る弾速で決定されます。
また対象へのダメージの大きさは弾丸の作りに依り変化があります。

口径は弾丸の直径をインチで表していますが 必ずしもmmでも正確に合致する
わけではなく省略した言い方と言えます。

口径が同じであっても薬莢の長さとリム形状に依って撃てない弾が結構でます。
短くて届かない 長すぎてシリンダに収まらないなどです。
厳格な基準をこの世界はもたないようです。

薬莢は鉄やアルミに比較して 真鍮製がほとんどです。
弾丸+発射薬+雷管をまとめた部分ですが、理由は腐食や破断と摩耗に強いからです。

加えて加工と再利用の容易さと一番はその熱膨張率なわけです。
薬莢内の火薬の燃焼によるガス圧力で弾丸が発射されますが、このときに薬莢が

圧力膨張しますが戻りも早いという真鍮に特化した伸縮率があります。
これに依り一部の国では鉄製を使っていますが大半は真鍮が使われています。

また民間射撃の多い米国では「リロード弾」という自らで再装填できるタイプの
弾薬薬莢が多いです。

これは火花を出す為の金床を収納した雷管を弾薬底に埋め込めるタイプです。
これにより薬莢自体に突起を加工したタイプに比較して再利用可能となります。

-How to

執筆者:

関連記事

実銃マシンガン700連発!

アメリカで有名な「拳銃バカ」ことテッド・クルーズ氏が毎度銃の チャレンジをやっているわけですが、今回は 「マシンガンを700発撃ち続けたら銃口(サプレッサー)はどうなるのか?」です。 今回使ったのは …

実銃リボルバ2017

現在はスターム・ルガー社のリボルバ式銃がよく出回るようです。 価格は安いが作りが堅牢であることが理由のようです。 特に357マグナム弾 シングルアクションの「ブラックホーク」 ダブルアクションリボルバ …

全米ライフル協会のファッションショー

2017年08月26日 発信地:シカゴ/米国 米最大の銃ロビー団体「全米ライフル協会(NRA)」は中西部ウィスコンシン州 ミルウォーキーで25日、銃器を隠して携帯するための装具を紹介する ファッション …

実銃の弾丸構造

発砲され飛翔していく弾丸には様々な工夫がされています。 武器を使う根底には相手に大きくダメージを与えようという 意図があります。 鉛の弾丸そのものに薄い金属をかぶせる事を「被甲」といいます。 素材は銅 …

韓国軍・新型k2C1小銃欠陥!

独自のモノづくりでは世界的にお笑いを提供してくれる某国ですが、 最近 軍の主力小銃、k2小銃を代替するために開発された、新型基本兵火器 であるk2C1小銃が普及開始2ヵ月で供給が中断されました。 前k …