How to

アメリカ開拓時代の早撃ち

投稿日:

Pocket

広大な土地に多種の移民で構成されたアメリカは素性の知れぬ周囲から
自分と家族や利益を守るため銃の携行が古くから根付いた社会です。

その開拓時代において早撃ちなど銃の練度はどの程度必要とされたのか
子供の頃から興味がありました。

いかに粗雑な時代であっても法はありましたので殺人・強盗・放火・レイプなど
には厳しい罰則がありました。

西部劇のような決闘にいたる事は希有であったろうと思います。
対峙した場合、相互明確なルールを持たなくても抜く寸前の構えからは0.4秒でサム
ハンマーコックの1発目 1秒以内で左手の俊敏な撃鉄起こす動作から達人は2発目が可能です。
(早撃ち=FastDraw 解説動画)

6m程度内ですと相撃ちか いずれどこかに被弾するのは確実ですからね。
しかし短銃は6mを超えていくとなかなか当たりません!
しかも早撃ちの場合 腰の位置からスグ撃ちますからなおさらです。

実在したワイルド・ビルやビリーザ・キッドなども狙撃や背後から撃たれての絶命が
こんな実情を物語っています。

人を撃つ事は傷害や殺人となりましたが、相手が仕掛けて来た応戦結果としての発砲は
結果を問わず、正当防衛と認められていました。

つまり相手に先に抜かせてから後発だが相手を上回る技量で勝ち取る。
これが奥義であったのは確かです。

無法で好戦的な盗賊も多かった一方、大半の人は平和と安息を好み、むしろ実生活に
役に立つ投げ縄やナイフ 乗馬術に腕を競ったとも言われています。

日本でもこの種の競技会がありワザを競ってますね。
シューティングレンジ ブレイズでもリクエストがあれば応えたいです!

-How to

執筆者:

関連記事

実銃リボルバ2017

現在はスターム・ルガー社のリボルバ式銃がよく出回るようです。 価格は安いが作りが堅牢であることが理由のようです。 特に357マグナム弾 シングルアクションの「ブラックホーク」 ダブルアクションリボルバ …

瞬時に命中度を向上させるワザ

どうも構えは決まっているし、利き目でしっかり捉えているが 命中率が上がらない人は トリガーの指の位置をチェックしましょう! 人差し指 第一関節までの中心でしっかりトリガーを押し切るクセをつけてください …

電動 OR ガスか?

中級者以上になると数丁保持するようになり使い分ける ようですが、初心の方ですと最初の1丁の購入は 悩むわけですよね。 ガスは特有の破裂感と反動がありますので手応えに 面白みがありますし マガジンの大き …

実銃狙撃スコープ! 

これはエアガンライフル用の選択にもにも通じる点となるので 調べました。(まぁエアガン上限40m程度ではあるのですが・) スコープの性能は倍率では無くレンズの質と設計で決まります。 クリアかつ明るく目標 …

銃床ナイフ付80式自動拳銃!

中国が独自開発した80式自動拳銃で単発・連発が可能な全自動武器です。 なんと銃床にはナイフが隠すことが可能です。 写真のスタイルですが、カッコいいもんじゃないですよね。 ナイフって必要なら別差しでだめ …