How to

エアガン利用は目の保護を第一に!

投稿日:2017年5月23日 更新日:

Pocket

私事ですが以前に外因で眼球の角膜上皮が下記のように
剥がれた事があります。(実際の写真です)

痛いわ 見えないわ 濁って見えだして2週間かかりました。
ステロイド目薬さして自己治癒を待ち閉じておくしか方法がありません。

角膜って黒目の上にある透明な組織膜でして0.5ミリに5層構造という
緻密かつ繊細な体で唯一 露出した臓器です。人工で生成できません。

BB弾の直撃を受けると眼球部位によっては裂傷すると思います。
また衝撃によって網膜剥離も誘発するかもしれません。
浅い知識の若輩者が互いに撃ち合うと反射的に顔部へとなり
事故となるのでしょう。

角膜は深く大きく損傷の場合は移植が必要となる部分ですので若い皆様は特に
日頃から大切にしましょう。
日常見えてあたりまえですが一度でも病んだ人から言わせると
大切な人体臓器のトップ3ですね。

通常眼鏡の方はゴーグルをつけるのも大変かと思います、直撃するとめがねレンズは
傷つきます。度や乱視など調整されたレンズは高価でしょう。
ご面倒でも上からゴーグルはされたほうが良いと思います。

電子マトでは表面に衝撃吸収のビニルがありほぼ着弾後真下に落下します。
アナログマトは着弾後倒れこみますので大丈夫ですが、その他構成部材に当たりますと
不意な跳弾も予想されます。

競技マトは距離も近く一番注意が必要となります。
マトは早い着弾を音で確認できるよう金属板にしておりますので、周囲見学の方も
注意されると良いでしょう。

尚、当店ではこれらを踏まえ無料にて都度清浄済ゴーグル貸出しておりますので
皆様には積極的ご協力のほど宜しくお願いします。

-How to

執筆者:

関連記事

30m 40m長距離レンジを狙う!

ブレイズ 射的場では仮想 長距離mレンジが実現できます。 20mの標準実測 射的台より実現しています。 ここで仮想30mと40mをソフト側にて設定変更します。 設定値は 着弾マトの縮小率 着弾タイミン …

実弾を調べた!

実銃を良く知るとエアガン同一モデルが発売の時の再現性などが見えて興味深く なりますし、必須なのが伴う実銃の弾についての知識がありますね。 単に「弾」という場合は2種類あります。 マトに弾が当たる=これ …

実銃リボルバ2017

現在はスターム・ルガー社のリボルバ式銃がよく出回るようです。 価格は安いが作りが堅牢であることが理由のようです。 特に357マグナム弾 シングルアクションの「ブラックホーク」 ダブルアクションリボルバ …

実銃の弾丸構造

発砲され飛翔していく弾丸には様々な工夫がされています。 武器を使う根底には相手に大きくダメージを与えようという 意図があります。 鉛の弾丸そのものに薄い金属をかぶせる事を「被甲」といいます。 素材は銅 …

命中率を上げてみたい!

弾の重量と弾速が上がると確かに命中率は上がると思いますが 改造につながりますのでこれはいけません。 許容された範囲で追求するのが美学ですね。 短銃が多いのですが、構えるとプルプル震えが来ます。 強く握 …